場所 蛭が岳登山 途中自転車
日時 距離 2014_04_07  126km
コース ⇒神木本町⇒柿生⇒鶴川⇒渕野辺⇒新小倉橋⇒関⇒御屋敷⇒奥野林道⇒大平分岐⇒姫次⇒蛭が岳  往復 内、自転車・・・108km 歩き・・・14km
メンバー ひとり
天気
装備
今回の新しい試み 蛭が岳 自転車自走プラス登山の日帰りができるか。


本日のルート
⇒神木本町⇒柿生⇒鶴川⇒渕野辺⇒新小倉橋⇒関⇒御屋敷⇒奥野林道⇒大平分岐⇒姫次⇒蛭が岳  往復
126km
神木本町

何にしても早い
朝3時半です。
しかし、これくらい早く出ないと
お昼前に、
折り返し地点にたどり着きたい。
ので、この時刻です。

----こんな時刻に、もの好きだと言われます。
ばかじゃなかろうかと、家族にも言われます。----
0331
鶴川駅前
真っ暗
車がいないので
速く走れる。

----3歳の子供と遊んでいるとおもしろい。
少し高いところがあると、登って飛び降りる。
狭いところにははいりたがる。
水たまりを見つけると、べちゃべちゃ、やる
溝は飛び越える
泥はすくってなめる
要するに、何でも、やってみたいのです。
それが若さです。----
0400
----ところが大人はどうでしょう。
「そんなことして何の役に立つのか」
まず、打算的な思考から出発します。----

ここは、16号線
渕野辺交差点

さすが16号にはいると
車が増えた。
ひっきりなし、というわけではない。
ダンゴになって、ドドドと追い越していく。

そして静かになる。
0445
----何の役にもたたないことを
真剣に、早起きして、やろうとしております。
子供の若さを真似しているのです。
今日は蛭が岳に登ってきます----


新小倉橋
圏央道ができた。

相模川に沿って右岸を走っている。
0522
自転車で蛭が岳にできるだけ近づき
そして徒歩で登って下りてきます。
途中、電車もバスも使わずに
やってみたいと思います。

ここは関の交差点
0556
奥野隋道手前
明るくはなったけど
足、つま先がキンキンに冷えている
感覚がない。
0635
トンネル先
休憩所
0640
林道奥野線
水沢橋

8400m
とあるが・・・
どこが起点なのか、ま、どうでもいいことで
ここから先は車が来ないので走りやすい。
0701
急坂になる
距離をかせぐには自転車は適しているが
高度を上げるには
自転車は向いていない
歩いたほうがよい。
0735
南向きの林道を進む 0733
それでも日陰は雪だまり
ガードレール近くは
木の枝が邪魔していて通れない
雪の上を押して通る
0739
いよいよ砂利道になってきたので 0740
自転車を置いて

ここから歩きです。

7時50分

登山靴は片足をフロントバッグに、
もう片方をリュックにいれてきた

いつものことながら荷物との戦いです。
0749
ビィンディングシューズは袋にいれて
ハンドルにぶら下げて

こんなかんじで
張り紙していく
0800
歩きますが
どこかで杖を手にいれなければなりません。
背中にはノコギリを背負っています。
鉈より鋸のほうが、大きい仕事ができるので
いつも、そうしています。

枯れ木を拾って、きざんで、杖にするつもりです。
0801
湧き水が
ぼこぼこ
出ている

その量はすごいです。
帰りに、がぼがぼ飲んでみた
うまかった、というわけではない、
がぼがぼと飲んでも、腹下しはしなかった・・・
という程度でした。
理屈っぽいけど、だいたい、水のうまさというのは
むずかしい。
「うまかった」というと、必ず
「何が、どのように?」ということになる。
0805
登山道にはいります。
上り口がわからなかった場合に備えて
念のために
ルート図にくりくりっと
△をつくっておいた。

○に点しるしは現在地です。
正確に現在地を表示している。
0814
いい杉林です。
しっかりと間伐がしてあるという意味です。
0816
大平分岐に9時12分

ここで、登りから
横移動に変わります
ので
着替えました。
0912
肌着を着替え
背中に背負っている
安全ピンでとめてあります。


雪道は足跡の確認に都合がよい
登りが2名ほど
下りが1名通ったあとがあります。

登りのひとりは
0925
かなり大きい足の持ち主です。
これくらい
大きい人かもしれない。
0931
蛭が岳が見える 0939
姫次に着きました。 0956
富士山の
絶景ポイントですが

背中の肌着は、ちっとも乾かない
着ていると、すぐ乾くのですが・・・・
1000
地面は雪が積っている
帰りには融けていた。
広場になっていて
台が用意してある

蛭が岳が見えている
一度下って、また上る
そんなルートです。
1000
あのてっぺんまで
何メートルあるか
水平で1.5km
傾斜が25%として
計算すると縦に375m
ビルの1階分が3mとすると
100階以上になる・・・
階段が用意されていたりする。
階段のないところも多い

ずるりとすべったらどうなるか・・・
なんということはない、すぐ下の木にひっかかって止る。

といっても、下りるときは大変そう。
1031
富士山が顔を出した。 1130
そんなこんなで頂上についた

登山マップに載っている時間どおりです。
いつも思うのですが、よくできている地図です。

手前に見えているのが檜洞丸です。
1130
山小屋で何か飲もうかと
尋ねたけど
管理のおじさんは、布団だけ乾して
出かけて留守だった。
1130-18
そのへんをぐるりと回って 1130-2++
富士山を眺めたり

結局、足跡の大きな人には会えなかった。
1130-4
塔ノ岳を見たり

こうしてみると
丹沢山のほうが
塔ノ岳より高い

調べてみたら、塔ノ岳1491
丹沢山1567m
見えているとおり丹沢山の方が高い。
今まで、勘違いしていました。
1130-5
塔ノ岳 1030-20
山中湖を捜したり 1130-1++
1673m
丹沢の中でいちばん高い
1130-10
普通は、昼頃になると
雲がかかってくる富士山ですが
今日は、はっきりと見える
1130-12
元気な若者が丹沢山の方から登ってきた
大倉からのぼってきたという・・・
アルプスに登った話など
少し話しして・・・
1130-21
冬山もやるんですか・・・
と聞いたら・・・
いやー、冬に登る技術はありません。
と、言っていた。

そんなこんなで、
下りはじめます。

見えているのは大室山
1150
姫次が見えている
非常によく見えているが
一度くだって上ってきたのだから
帰りも、一度くだって上ることになります。
1206-1
下ったり、上ったり
繰り返して

姫次に着いた
1300
そして行きと同じように
大平分岐を経由して
林道についた
1415
そして自転車置き場についた 1426
振り返って
歩いてきた道を見る
1456
高度を上げるには
自転車は向いていない
歩いたほうがよい。
しかし、歩きは、下りるときに足に負担がかかる。
高度を下げるには、自転車ほど
適したものはない。
1500
道があれば自転車
なければ、パラグライダーなどはどうだろうと
いつも思います。

自転車は、ブレーキシューが
減る
これが悩みの種。
1545
橋本にこの時刻

そして自宅に帰り着いたのが
19:15頃でした。

帰りは、やはり時間がかかる・・・
車が多いからです。
1635
トップページへ戻る