場所 青木が原樹海を歩く 
日時  2014_12_09
コース 本栖湖畔から富岳風穴まで
メンバー ひとり
天気 晴れ
距離 自転車10km 歩き8km
詳しい目的
3回目の樹海歩きです。
今回はほぼ直線歩きです。
地図ロイドでコースを作り、そのルートに沿って歩いてみます。
地図ロイドはあらかじめ地図を読み込んでおき、オフラインで使います。
どのみち、このあたりはNETがつながりませんので
オフラインで使うしかありません・・・



今回は、こんなかんじで歩いてみました。
富岳風穴に駐車、自転車で国道139号線を本栖湖まで行って、
そのあと歩き
まずは車で富士五湖方面へ
246号線を行きます。
秦野、善波トンネルをぬけると
富士山が見えてくる
0904-4
松田バイパス
0910
山北バイパス
小山から山中湖へ
これから三国峠を越えます。
0943-5
山中湖へくだります。
0958-2
山中湖の北辺を通って
山中湖から富士吉田へ向かいます。
1040
吉田を通り過ぎて富岳風穴の駐車場です。
1053
車を風穴駐車場に置いて
自転車で本栖湖へ向かいます。
1106-1
あいかわらず車が多い。
nexus7 のナビ機能の確認をします。 1118
本栖湖畔駐車場
ここに自転車を置いて歩く
細い赤い線が
予定ルートです。

青矢印が現在地
1001
青木が原樹海_このように歩きます。
この写真はパノラマ台からです。・・・・
青木ケ原樹海の面積は3000ヘクタール。
この中に山手線がおさまりきれるでしょうか?。
まちがいなく、はみだします。
山手線の内側の面積は6300ヘクタールあります。
どうやらウィキペディアが違っているようです。

写真の真ん中下、住宅地の上の空き地の白い部分の面積が
おおむね1ヘクタールです。
1125
本栖湖畔139号線、300号線分岐点
ここから歩道にはいります。
1129
しばらく歩くと
がっちり、とおせんぼ、です。
とても入れません。人もはいれません。
ゲートの横からはいれるかというと、それもだめ。
ずーっとフェンスが張られています。
フェンスで、山をすっぽり包んだ形です。
この辺にいます。
斜め右に進んで、もう少しで歩道に合流します。
1149
歩道に着いたら、ナビが、歩道を示しているか、
確認します。
あらかじめ地図を読み込んでおいて
オフラインで使っています。
1206
ここから歩道をはずれ原生林と呼ばれる森にはいります。
05
ナビゲーションはぴったり歩道の上を示しています。
歩道から離れます。
1208
岩場を乗り越えます。
1219
見た目の明るさで
ピンボケなしで写せるのですが。
1219-07
07
歩いていると、どうしても右へずれてしまいます。
道のないところを歩くときの人間の習性でしょう。
余談ですが、蟻は左へ曲がるのか好きだそうです。
そんな研究結果があります。
1227-08
岩場を乗り越えていきます。
1256
極端に歩きにくいというところはない。
なにしろ平らなところですから、さほど汗もかかずに歩けます。
1257
小山(こやま)みたいな、盛り上がったところもあり、小さな山登りです。
1305
1310
獣みち、みたいな通路があります。
この辺を歩いています。
1343
ふかふかしたところは要注意です。
下が大きな穴ぽこになっているかもしれません。
しっかりと、木の根のそばを歩きます。
1350
1404
風穴の入り口です。
あの小屋を過ぎて左に曲がります。
1409
着きました
出発して、4時間。距離8kmほど
現在地はここ
これから自転車をとりに再び本栖湖へ向かいます。


こんなかんじで歩いてきました。
今回はNEXUS7のナビゲーション機能を試すために歩きました。
あらかじめ地図を読込んでおけば、
オフラインで十分にナビゲーション機能を発揮します。
ただし、読込むのはyahoo地図ではなく、地形図です。
歩いてみると、よくわかるのですが、非常に狭い。
どこを歩いても、すぐに道に出てしまう。
一度はいったら、迷って出て来れない・・・
などとは、そんなことはありません。
青木ケ原樹海の面積は山手線の内側の面積と同じと言う人がいますが、それはちがう。
山手線の内側の面積の約半分です。
なんとかスポットがあるという人がいますが、その根拠は見つけ出せない。
ふつうの山の山歩き、歩道のないところの山歩きは、もっともっと歩きにくいのです。
ここは平らで、崖もない。汗もかかない。
そんなかんじの歩きでした。

さて、今日一日、誰と話をしたでしようか?
例によって、コンビニの人だけです。
「温めますか?」
「はい、おねがいします」
だけ。
よくない一日です。
トップページへ戻る