場所 湯河原から富士吉田まで
日時  2015_6_7
コース 輪行⇒湯河原⇒椿ライン⇒大観山⇒元箱根⇒桃源台⇒仙石原⇒
長尾トンネル⇒御殿場⇒篭坂峠⇒馬車道⇒139号⇒富士吉田⇒下吉田⇒輪行
メンバー ひとり
天気 曇り
距離 自転車89.4km
今回の工夫 自転車で旅行したら、空身で走ることはありません。荷物が問題になります。荷物を積んで峠越えを試みます。
荷物は・・・・テント、寝袋、雨具、工具、お泊りセット、カメラGPS関係のセット、着替え、水1.5リットル、おにぎり5個、パン2つ、菓子類。テント使用の予定はない日帰りではあるが、フルセット荷物を積んで走ってみた。この荷物で「輪行+3つの峠越え」ができるか試します。



89.4km
0530
何しろ重い。
駅の階段を上るに、ひいひい言うのです。
0754
湯河原駅前
土肥実平夫妻の銅像の前で組み立て
0754
改札口からここまで運ぶのに、肩ベルトがずりおちる。
非常に歩きにくいです。
0819
解体荷造りより「組み立て」のほうが簡単です。
0829
湯河原の温泉街を抜けて山にはいっていきます。が・・・
山の中にはいっていくからといって、
空気がきれいということはありません。
しっかりとマスクをしておかなければなりませんよ。
0843
ここから1000mの高さまで、18kmくらいの距離で上ります。
5%〜6%くらいの緩やかな一定の勾配で、登っていきます。
勾配がゆるやかなので、自転車が走るのに、とても走りやすい。
ということは、オートバイにとっても走りやすいのです。
0910
オートバイが、どんどん走っていきます。
0910
自転車にも抜かれます。
「こんにちはー」とか言いながら抜いていきます。
0918
オートバイは、頂上まで行ったら、また下りてきます。
「道志みち」もそうでした。
国道411号、大菩薩ラインもそうでした。
行ったり来たりしています。
必ず3台以上です。
空気は汚れています。
マスクをしている意味が、ここでわかります。
0939
オートバイはかなりのスピードで走りあがってきます。
左カーブは、なるべく内側を走りたいはずです。
が、曲がる途中に自転車がいると・・・・
自転車としても、それが気になります。
0947
1009-1
背中はスカスカですが、前は荷物でいっぱい。
1012
1016-2
1016-3
登ってきた道を振り返っていますが
なだらかです。
じんわり、じんわりと登ってきたのがわかります。
1016-4
1021
もう少しで頂上です。
標高1000mくらいでしょうか。
1031
ターンパイク合流点、ビューラウンジ
オートバイはここまでで、いなくなる。
1032
そして芦ノ湖
ここからの下りは寒い、
ので、長そでのシャツを着込みます。
1047
1047-1
元箱根へおりて
再び登りはじめます。
1101
右へ行ったら宮ノ下、左が桃源台、仙石原方面です。
1106
芦ノ湖湖岸はアップダウンがすごい。
で、フロントキャリアの、この荷物です。
実に走りにくい。
1113
ロープウェイは動いています。
ロープウェイは2つありまして、こちらは箱根駒ケ岳ロープウェイ
箱根園から駒ケ岳まで
1133
桃源台ロープウェイ
こちらのロープウェイは箱根ロープウェイ
桃源台から強羅まで

道は、ここから一度のぼって、そして下りますが・・・
1134-1
かなり下る
1137
大涌谷の煙が見えます。
この位置の標高は650mくらいだそうです。
比べて、芦ノ湖湖面の標高は723m
こちらのほうが、かなり低いことになります。

車では気づきませんが
自転車では、なんとなくわかります。
1148
仙石原湿原植物群落
この位置は芦ノ湖湖面標高より低いです。
1152
仙石原交差点前
1206
乙女トンネル、長尾トンネル分岐手前
1224
時間がありそうなので、長尾トンネルのほうを行きます。
1236-1
大涌谷の噴煙です。
1237
芦ノ湖を跡にして、長尾トンネルへ
1237-1
ぐるりとまわって
長尾トンネルです。
1237-2
トンネルは短いので
向こうの出口が、すぐそこに見える。
1239
トンネルを抜けても
曇っている
路面にはタイヤのあと
1248
駿河台の「しるこや」から
富士山はまったく見えない。
1305
御殿場の町へ下りこみます。
1314
一直線に町を横断して
篭坂峠に向かいます。
見えている山を越えます。
3つめの山越えです。
1321
自衛隊の車が増えてきました。
1342
途中、道が狭くなる場所があります。
こんなかんじで、バスが迫ってきますので
とりあえず、抜いてもらう。
1413
対向車線は車でびっしり・・・・
いつ走っても、こんなかんじです。
よく混むところです。
1418
浅間神社の前あたり
1431
右の歩道を走ったり、左の歩道を走ったり
車道を走ったりしながら、ヨロヨロと登っていきます。
フロントキャリアの荷物はこんなかんじ
国道138号線籠坂峠
ここに、「なぜ峠が県境でないのか」
やはり疑問を持った方がいました。
1509
コツコツ登ってきたら
もうすこしで峠です。
ここが県境で、峠が境ではない。なぜですか。
1515
篭坂峠に着きました。
馬車道通り
クリックすると拡大します。
馬車道といいます。
「なぜ馬車道というのですか?」
という疑問がわいてきます。

調べてみると、なるほど馬車鉄道が走っていた。
都留馬車鉄道跡のようです。
鉄道があったのです。

時代によって
区間、運営会社が変わりましたが、
大月から御殿場まであったようです。

各区間、運営会社と軌道幅が違うので、
全線乗るには、乗り換えが必要でした。
1524
馬車道の方へ行きます。
詳しくはこちらで・・・
富士山麓お馬啼く
鉄道トリビヤ富士山駅
御殿場馬車鉄道
1537
139号線へ合流
ずーっと下りの道です。
1556
富士吉田の町は斜面の町です。
「富士山駅」は自転車解体する場所がないようなので
下吉田駅へ向かいます。
ここなら場所があります。
ストリートビューで確認済です。
古い町の中心は下吉田にありました。
富士山登山、鉄道敷設などで、
町の中心はどんどん南のほう、高い方へ
移っているようです。

もともとは、この駅のあたりが中心地でした。

1620
自転車に乗っていると
人と話す機会がなかなかない。
今日の会話は、湯河原の坂で
抜いて行った自転車の人とかわした
「こんにちは」だけだ・・・
これではいかん・・・
とか考えながら。
自転車を解体しようとしていたら・・・

「えくすきゅーずみー」とかいう声がする。
頭をあげると、ゲー・・

なんかベラベラしゃべり始めたが
よくわからん。
手をみると、何だかカードをひらひらさせながら
ほや、エーティーエムとか言っているようなので。
1623
しらん・・・、しらんものは教えられん・・・が

改札まで行って
「近くに銀行のATMありますか」と聞き
コンビニがあるということだったので
「コンビニ、あっち、あっち」と教え、
事なきをえた

家に帰ったら、家族は出かけていたので
今日の会話は、これだけだった。

1日たったひとつの会話が
英会話

それも、ちぎれちぎれの単語だけ
1717
⇒の写真、床が木の板張りで、
のれんがかかっているので、

男湯の入口みたいですが、
電車の中です。

そして、富士急の車内には
このように多目的スペースがありますので
安心して自転車が置ける。

日曜日なので、富士山帰りの人が
たくさん乗っているかと思いましたが
そうではない、すいていました。
1807
大月から中央線の快速に乗れたが
それは、それは、混んだ
入口のところに、なんとか
スペースを確保できたのみ。

しかし、横浜線は
このように100点満点にすいていた。

駅に着いて
空身で帰って

車で自転車を取りに駅まで、もういちど
往復

1922
トップページへ


なんで、こんなことしているかと言いますと。
こんな荷物で、長い旅路の中で
いくつもの峠を越えていくことができるかどうか試しています。
空身の日帰りだと1日に240kmくらい走れる。
着いたところが我が家でない場合は、距離は200km以内に落ちる。
この荷物で、連日の走行となると150km以下になる。
さらに朝、晩の食事や日常生活がはいってくるので100km以下になる。
ビジネスホテルだと良いが、テント生活だと1日80kmを割り込んでくる。
毎日のいろいろな所用を入れると60km以下にしておく必要がありそうです。