場所 山中湖大回り 
日時  2016_02_18
コース 篭坂峠に自転車デポ、山中湖北駐車場⇒山中湖畔サロン横⇒飯盛山⇒大平山⇒平尾山⇒石割山⇒大天狗⇒日向峰⇒石割山分岐⇒山伏峠⇒山伏峠分岐⇒富士岬平⇒高指山⇒切通峠⇒明神山頂⇒三国峠⇒三国山頂⇒大洞山頂⇒アザミ平⇒篭坂峠⇒自転車⇒馬車道⇒山中湖
メンバー
天気 晴れ⇒一時曇り⇒晴れ
距離
今回の目的 富士山がきれいに見える場所はどこか。
あちこち、富士山のまわりを回ってみていますが。

まず、天気がよくないとだめでして、
そして、富士山が見えるところの登山口まで行くのに時間がかかります。
天気予報を調べて、調べて予定をたてて、その朝、早く起きて出かけるのですが、
富士山のまわりだけは雲がかかるということが頻発します。
なかなにかうまくいきません。
数多くかよって、たくさん山に登ってみるしかなさそうです。

今回は、東側から富士山を見てみます。
石割山からの富士山
高指山からの富士山
明神山からの富士山を
見てみたいと思います。

車と自転車の組み合わせでいきます。



ヤマレコリンク
0508
籠坂峠 気温はマイナス7度
ここに自転車を置いていきます。

昼飯は山中湖畔、道志みち分岐点のセブンで調達です。
0646
一時的に曇って、富士山が見えなくなりましたので。
「今日は、だめかー」という感じで、湖畔の駐車場で
しばらく、仮眠・・。

晴れてきましたので、出発します。

人なつっこい白鳥で、
カメラを向けると、すーっと寄ってきます。
1日中ずーっと白鳥と遊んでいたい気分です。
0710
前回来たとき
たぶん、この扉はなかった、
うっかり、まっすぐに行って
犬に吠えられて・・・、私有地のようでして、
「何か、御用ですか?」と聞かれて
ルートを教えられて、
引き返してきて、このガードレールの切れ目から
ハイキングコースに入り直したことを覚えています。
0727
今回は、そんなヘマはしません。
もう大丈夫です。すいすい。行けます。

飯盛山から富士山です。
富士山に雲はないですが、自分のいる場所に雲がかかっています。
0758
上ったり下ったりして行きます。
いつも思うのですが、この手の階段は、どうしても歩幅が合いません。
0807
大平山まで来ました。
天気は良さそうです。
0809
ゆるやかに下って。ゆるやかに上って
平尾山へ向けて歩きます。
0838
平尾山です。
残念ですが、富士山に雲がかかりました。
平尾山から、富士山は見えません。
次の石割山では大丈夫でしょうか・・・。
0921
石割山です。
やはり、富士山は雲の先です。
残念です。
0926
さて、ここで決断です。

ここから先は誰も歩いていません。
人の足跡がない。

あるのは、動物の足跡だけです。
形からして、小さな動物です。

雪も深い。
今履いている靴では、歩けないかもしれません。
何よりも、雪道を歩き慣れていません。
雪道の練習をしていません。
それに、空は曇ってきた。
引き返し条件満載です。

どうするか。
まだ、9時半ですので、昼まで歩いてみて、
そこで引き返すかどうか決めることにします。
結論先延ばし作戦・・・いつものやり方です。
しぶしぶというかんじで歩きます。
天気が良くないので、
やる気が失せています。
0946
笹も繁っていて、笹の葉には雪が固まってついていて
かき分けていくと、それがくっついてきまして、
びしょびしょ濡れになります。
それが、どれくらいの区間続くか・・・。
それが、もっかの懸案事項です。
0950
1006-1
笹はすぐになくなり、歩きやすい道になりました。
1009
下りは、雪がぶかぶかして、靴にはいりそうですが。
雪は、靴にはいるほどには深くない。
1013
これから歩く、高指山などの山々
1022
あるのは動物の足跡のみ。
足跡が替りました。形が大きくなりました。
役者交代です。

きれいに一直線です。
平均台の上を歩いているみたいです。
どうして、こんな歩き方ができるのでしょう。
歩幅は広い。
大型の動物です。
とても4本足とは思えませんが、ちゃんと蹄の形はある。

そうか、やつも、ここを歩いたのだなあ、とか、
ひとりぼっちの動物が歩く姿を想像しながら先へ進みます。
1042
石割山分岐
ここから、右へ下りて行き、山伏峠です。
1103
1107
ここは山伏峠
いつも通るトンネルの上です。
1124
そして上って
山伏峠分岐
ここから右へ行きます。
1150
空が明るくなってきました。
富士山に向かって、ひたすら歩きます。
1154-06
富士岬平に着きました。
ばっちり晴れてきました。
いつもの、富士山に雲がまとわりつく、
というかんじではなくなりました。
軽い霧が通り過ぎていくだけ、というかんじです。

富士岬平から富士山
1156-1
富士岬平から
1205
一度くだって、また上って
山歩きは、平ではありません。
1212-1
高指山につきました。
1214
天気は晴
数人のグループの方々が休憩中でした。
今日、はじめて、人に会いました。

富士吉田に向けての富士山の稜線が、途中でもっこりと
膨らんでいるところがあります。
あそこが、五合目、
ある程度平らなので建物が建つのだ・・・。
などと、みんなで話あったりしていました。

話の輪に加わって、楽しいひとときを過ごしていたのですが、
ふと、地図を見てみたら、
まだ半分くらいしか来ていないことに気づき、
あわてて、腰をあげ、
皆さんに別れを言って、歩きはじめる。
1236
陽が、前から照ってきて、まぶしい。
かといって、サングラスを用意してくると、必ず曇る
ので、
ま、我慢するしかない。
1302
またまた、ずーっと上りますが、
さほど急ではない。
1317
平らなところは、歩いていて気持ち良い。
1330
明神山頂 (鉄砲木の頭)に着きました。
明神山頂 です。
1336-1
明神山頂 (鉄砲木の頭)
本日、いちばん眺めの良い場所です。
1339-2
1340-35
山中湖の面積は河口湖より広い。667ha、
標高は982mです。
ほとんど1000mに近い場所にあるということです。
河口湖の面積はというと、548ha、標高は833m

東京で面積の一番小さい区である台東区の面積が1008ha
山中湖の面積は、その7割弱というところです。
1340-36
山中湖は、富士五湖の中では唯一、流れ出る河川のある湖です。
なので、昔の河口湖みたいに、
大雨のとき水があふれるということはありません。

で、山中湖の水は、どこから流れ出るか、
山中湖の形はクジラにたとえられます、
その、クジラの口の上のあたり、
「なぎさ」という釣り関係の店のところから
桂川として流れ出ています。そして、

忍野八海の水と合流し、
道の駅、富士吉田の近くを流れ、
大月の猿橋の下をとおって、相模湖、
津久井湖、そして相模川として太平洋に流れ込みます。

山中湖は相模川の源流なのです。
1340-37
ずーっと向うの尾根沿いを歩いていきますが、
ここから一度下りこんで三国峠
1353-45
三国峠
1353-46
三国峠 山梨県方角
1353-47
三国峠 神奈川県
1402
道路を横切って、再び登ります。
ずーっと、下った分だけ上ります。
1414
ずいぶん登った、つもりの三国山頂
標高1320mと書いてあります。が、
山中湖の標高が982mですので、
さし引くと、相対高度338mということです。。
たいして登っていません。
1502
人の歩いた足跡がまっすぐ・・・・
それに対して、所々に直角に交わる足跡があります。
動物の足跡です。

動物の足跡をたどって、かなり横道にそれて冒険してみても、
自分の足跡が残りますので、安心です。
たとえ暗くなっても、足跡をたよりに元へもどれるのです。
迷うことはありません。
1512
大洞山頂
このように平らな場所は、ふつう、見晴らしはよくありません。
1529
1536
アザミ平
足跡を見ると、今日、何人歩いたかが、わかります。
1607
墓地です。
籠坂峠に着きました。
1609
篭坂峠
1620
ここから、
朝、ここに置いていった
自転車に乗って山中湖まで下ります。
1627
馬車道を行きますが、寒い、寒い。

昔々、ここを鉄道馬車がとおっていたということですが、
二か所ほどヘヤピンカーブがあります。
うまく登れていたのでしようか。
調子にのって、どんどん進んでいきますと、
この道は山中湖を通り過ぎてしまいますので、
途中から右へ行きます。
先ほどの、湖水はどこから流れ出ているかという話です。
青い建物、「なぎさ」という釣り関係の店の手前、
矢印のあたりの橋の下から流れ出ています。
1643
かなり寒い思いをして、山中湖親水公園駐車場へ着きました。
富士山は逆光で真っ黒です。
トップページへ