1日目
12_12_24

輪行⇒弁天島
弁天島から浜名湖一周 左まわり
77km


輪行(電車乗車中)も自転車散策の一部だと思っています。
朝起きて、電車で自転車を運んで、現地に着いて、組み立てるのも含みます。
今回は普通電車で行ってみることにしました。
新幹線だと2時間半くらいだけど普通電車は、その倍かかります。



今回は新幹線は使わず普通電車を乗り継いでいく。
そのため朝早く出かける予定、早起きはどうするか。
昼間、そして夕方も、お茶をたくさん飲んで8時頃寝ます。
すると、どうしても夜中の2時過ぎころトイレに起きます。


そのまま起きて行動開始です。
このように、年取ると便利なこともあります。



トップページへ戻る
風は最近ずーっとこんなかんじで推移している。
今回は、こんなかんじで立てておけるように組みました。

3時に起きました。年取ると簡単に早起きできます。





今回は最寄の駅ではなくJR、私鉄交差駅まで、車で運びます。

一度帰ってきて、今度は別の自転車で、再度駅まで行きます。
0456
普通電車を乗り継いで弁天島についたのは10時10分 
乗り換え時間が各駅ともに3分とか5分とかだったもので、トイレに寄る時間もなく、ぱんぱんです。出掛けにコーヒーとかお茶とか、たくさんのんだせいです。浜松で次の電車が遅れたため、そこで用足し。
1013
さて、自転車組み立て作業場は東向きの日のあたる理想の場所です。
やはり30分ほどかかりました。
組み立て完了、出発します。

足は・・・相当冷えるので
フラットペダルにトレッキングシューズです。
1054
今回のルートです。
きれいな景色が続きます。 1103
中之島大橋 1112
整備された自転車道 1118
1125
1143
1151
館山寺温泉 1155
1157
320号線

みかんの無人販売所があったので
迷わず買う
100円でどっさり、たいへんおいしい
お買い得でした。
1227
橋を渡って、ホンダの工場横でめし
けふも大空の下でべんたうをひらく・・・種田山頭火



1243
気賀 1301
1306
1340
このあと、新所原をとおり、
1352
一里山 1号線に出る 1507
すぐに
一里山東で左折173号 42号へ
1511
潮見坂を下って、旧1号線へ 1527
新居町、弁天島をとおって篠原ICを直進 1635
篠原IC、なかなか直進しずらいが、構わず進む 1638
すると広い歩道のある道路へとつづく 1648
浜松


2日目
12_12_25

浜松⇒富士、吉原
119km

浜松から三島まで1号線バイパスを、どのように回避していくか試してみます。
前回、9月4日 1号線を東に進んでみましたが、バイパスに阻まれて、
途中で断念しました。
今回再度挑戦します。

今回は丁寧に調べてプリントなどしていたら、冊子ができてしまいました。
ワードのファイルで80ページ、180mbほどになってしまいました。


今日のルートです。
浜松駅自転車置き場から出発
152号を進み、子安交差点を直進312号を行く

朝、寒かったため、カメラのバッテリーが
「このバッテリーは使えません」と出た。
ズボンのポケットに入れて
暖めていたら、よくなった。
0630
天竜川西交差点

312号で渡ろうとすると歩道がない
このまま突っ走る手もあるが、
0702
左手に1号線の歩道があるので、それを使う 0702
三ケ野IC

三ケ野ICからバイパスは自転車侵入禁止
手前の岩井交差点で右へうつり、そのまま歩道を行って413号へ行く
0737
七ツ森

七ツ森神社交差点から
0807
右折して1号線にそって沢田ICまで 0815
澤田IC

横断歩道のある車線を進み
右手へ行きトンネルを抜けてまっすぐ
0834
掛川郊外
旧1号線
0907
八坂IC

直進して415へ。
0916
中山トンネルが見えてきました
すでに415号から旧1号線に入っています。
どうして「小夜の中山」と小夜をつけるのかが疑問だった。
結局、思ったとおり、中山というのはどこにでもある峠なので、他と区別するために小夜とつけているらしい。
中山とは地域と地域を結ぶ峠のことらしい。
0925
トンネル手前です 0940
中山トンネル
結構広い歩道あり
0941
トンネルをくぐったら下りだと思う。
普通はそう思うでしょう。
しかし、ここは違った、
さらに上り始める
裏切られた気持ちが足を重くする。
ビィンディンクを使っていないので
さらに足が重い
0954
旧1号線から381号線にはいっています。
けっこう大きな車がとおる

この道がピンポイントで昔東海道だったかどうかは別として、
地域として、金谷〜日坂間6.5km、標高200mそこそこが
どうして難所と呼ばれたかはどうもわからない。
坂がぬるぬるしてすべって登り難かったのか、
盗賊がでるためか。
鈴鹿のことは知らないが、箱根と比べるとどうも・・・
考えてみると、他に山はないからかもしれない・・・
0954
381号はホテルを過ぎて左 
右は234号、菊川へおりていってしまう。

このへんの標高215m
場所は掛川市佐夜鹿(さよしか)。

図の下の部分、標高図で
山が2つあって、左の小さな山がトンネル
富士山が遠くに見えます 1005
金谷、島田の町がみえる
381号線
1005
大井川橋
381号線
1021
大井川橋歩道 1022
大井川下流方角

「越すに越されぬ大井川」の水はもうない。
1023
旧1号線と合流してすぐのあたり

昼飯
迷わず、ここにはいる



右へ行こうとしている、旗を見ると強い追い風
1059
旧1号線
島田の町の中は広い歩道がある
1113
内谷新田

内谷新田をまっすぐ
81号 208号を走る
1147
岡部の宿
208号線
1151
宇津の谷トンネル

208からはなれて1号にすりついた
トンネル手前の道の駅
廻沢口歩道橋を渡って西行車線歩道へ
1204
宇津の谷トンネル方面
歩道橋の上から

この先、道の駅を過ぎてトンネル手前で本線をくぐって西行き車線歩道へ移ることもできる。
1205
宇津ノ谷トンネル
トンネルというから相当登るのかと思ったら、
ほとんど登った記憶がない。

峠のてっぺんでも170m
トンネルはもっともっと下だろうから、
自転車でもほとんど坂を意識することはない。
昔は難所だったらしい。
1216
トンネルの中 1217
トンネルをぬけると
歩道橋で東行き歩道へ渡る
1218
広い歩道がつづく 1227
丸子IC

二軒家交差点で左折
側道にはいる
1234
もう少し真っ直ぐ行って
本線をトンネルでくぐり
本線と合流
1236
静岡
安部川 駿河大橋
1255
興津

ここが興津中町交差点
次の信号
コンビにを過ぎたところ


赤丸印のあたりの歩行者用信号を渡って
トンネルをくぐり、
太平洋自転車道へ
1404
クアアンドホテル 健康ランドが見える

ガードレールが邪魔してはいりにくいが、構わずトンネルへ
バイパスをくぐって太平洋側に出ると
太平洋自転車道
1416
太平洋自転車道 1420
由比 寺尾

ここで歩道は切れる
道を渡れというので渡る
1423
道を渡って
396号 370号へと進む
道にそって396を行くと多少坂になり、
あとで370と合流するときに損した気分になる。

JRを越えてすぐの三叉路、
歩道橋のある交差点を右方向へ行ったほうがよい。
1425
上原東高架橋

坂を登っていくと
JRを渡る橋が2つある
2つめの陸橋
上原東高架橋
を右へ下っていく。
1504
富士川橋

1号バイパス川沿いに階段があるので
押してのぼると富士川橋
1508
冬といえども富士山に雲ひとつないというのもめずらしい。 1512
富士川 1514
実際にはこんなかんじで見えている
合成したもの
吉原ショートカット

江川交差点を左へ行き
次の交差点を右折、バイパスをくぐったら、港、駅前をぬけて
170号、 380号へ
1530
吉原駅
自転車置き場横の風のあたらない場所で
分解して荷造り
やはり30分ほどかかりました。
1534
輪行
乗り継いで、藤沢経由小田急利用
最寄の駅まで、今回は家族に車で迎えにきてもらいました。
今年の桜の開花が遅れたのは地球温暖化の影響で冬の気温が高かったためだそうです。
そして、今例年にない寒波が来ているのは北極の氷がえらく少ないからだそうです。
この気象の矛盾・・・・

今年の夏至の日の出から日の入りまでの時間14時間35分
冬至の日の出から日の入りまでの時間9時間45分
その差5時間。これは大きい。5時間あれば75km走れる。

一年でもっとも昼の短い日である冬至に
そして今年最大の寒波もやってきました。
そんな日に出かけてみました。
トップページへ戻る