日本でいちばん豊かな隠れ里のサイクリング。


司馬遼太郎氏が「日本でもっとも豊かな隠れ里だったといわれる」と言ったのは「街道をゆく3-肥薩のみち」の中でです。どのように書かれているのかというと・・・・
---
「こんどはどこにしましょう」
と、編集部のHさんがいうので、先だっては北方の八戸・久慈街道へいったことでもあり、こんどは気分を変えて南へゆきたいと思った。濶葉樹林が野山に豊かに茂っていて、葉のむれがきらきら日に照り映えていて、そのむこうに火山が白煙をたなびかせているようなところへゆきたいと思い、分県地図を持ってきて、南九州のあたりを繰ってみた。
「いっそ、肥後から山越えで、薩摩に入りましょう。途中、日本でもっとも豊かな隠れ里だったといわれる人吉を通って」
と、書いています。
---


その「隠れ里」とは何か。
人吉球磨の領主相良氏は、急峻な九州山地に囲まれた地の利を生かして外的の侵入を拒み、日本史上稀な「相良700年」と称される長きにわたる統治をおこなった。その中で領主から民衆までが一体となったまちづくりの精神が形成され、寺社や仏像群、神楽等をともに信仰し、親しみ、守る文化が育まれた。同時に進取の精神をもってしたたかに文化を吸収し、独自の食文化や遊戯、交通網が整えられた。保守と進取、双方の精神から昇華された文化の証が集中して現存している地域は他になく、日本文化の縮図を今に見ることができる地域であり、司馬遼太郎はこの地域を「日本でもつとも豊かな隠れ里」と記している。
と、人吉・球磨の案内パンフレットには書いてあります。
人吉盆地は球磨盆地とも言われて面積は72km2あります。どれくらい広いかというと、山手線の内側の面積が62km2〜65km2と言われていますので、すっぽりはいるくらいの広さということです。
八代市から50km以上はいった奥地にあります。これだけの広さの平地がぽつんと山奥にあるのです。

それでは、濶葉樹林が野山に豊かに茂っていて、葉のむれがきらきら日に照り映えていて、そのむこうに火山が白煙をたなびかせているようなところ、(残念ながら、ここ隠れ里には火山はありません・・・。)
「日本でいちばん豊かな隠れ里」と呼ばれる人吉・球磨地域をあちこち走ってみましょう。




  
隠れ里のサイクリング大会
球磨川沢見展望所 板木、子別峠、柿迫、五家荘
市房山一周 白髪岳、自転車+歩き
不土野峠 球磨村の棚田
緑資源基幹林道 須恵・四浦・川辺川周回
五木・多良木 人吉から坂本周回
五家荘、樅木地域を走る 八代から五家荘、五木周回
五家荘、久連子から椎原 国見トンネルと国見峠
五家荘、仁田尾から葉木 加久藤トンネル、矢岳高原
久七峠と久七トンネル 久連子への道
不土野峠と湯山峠 椎葉村の棚田
市房山 不土野峠から新椎葉越え往復
球磨川、吉尾から佐敷、二見周回 一勝地から水俣、佐敷、神瀬周回
緑資源基幹林道 椎葉越えから椎矢峠まで歩く
不土野峠から椎葉越えまで歩く 皆越峠から槻木峠まで
槻木峠から横谷峠 球磨川沿岸、渡、椎屋、沢見、大瀬周回
市房山(二つ岩から) 椎葉へ、五家荘へ
市房山(湯山峠から二つ岩周回) クルソン峡
7月4日に球磨村で
.
.
トップページへ戻る