登山と自転車の組み合わせです。

登って、そし下ってくるだけの登山だと問題ないのですが、登り下りを何度も繰り返して、そして折り返してくる登山は、折り返し地点に近づけば近づくほど、帰りの道のりが長くなるので、ストレスが、どんどん増していきます。それが下り坂であった場合、「もう一度、この坂を上るのか」と、楽しいはずの登山は苦行となります。
距離が長くても「行きっぱなし」の場合は、「到達さえできればいい」と、元気もわいてきます。

到達して、そして帰りはどうする。「どうやって帰ってくるか」。鉄道の駅があれば、あるいはバスの便があれば問題ないのですが、そうでない場合は車2台使うことになります。相棒と日程を合わせたりしなければなりません。
自己完結の登山をするには、自転車と鉄道あるいは車との組み合わせをします。


ユーシン渓谷・塔ノ岳 車⇒丹沢湖、玄倉⇒自転車⇒熊木沢出合⇒徒歩⇒塔ノ岳 往復
青木ケ原樹海 車⇒246号⇒道の駅「鳴沢」⇒紅葉台⇒三湖台⇒本栖湖⇒東海自然歩道(青木が原樹海)⇒西湖⇒青きが原樹海⇒道の駅「鳴沢」⇒山中湖⇒山伏トンネル⇒道志道⇒尾根幹線道路⇒
自転車を背負って-1 二子新地⇒南多摩
自転車を背負って-2
奥多摩川井〜名栗湖
⇒多摩川⇒吉野街道⇒川井⇒奥茶屋⇒・・・・棒の嶺・・・・・⇒名栗湖⇒飯能⇒箱根ケ崎⇒福生⇒多摩川⇒ (そのうち、背負い歩き=5.6km  押し歩き=5.6km)

自転車を背負って-3
東逗子〜鷹取山

⇒中原街道⇒境川⇒藤沢⇒鎌倉⇒東逗子⇒鷹取山⇒16号⇒環状2号⇒新横浜
蛭が岳
自転車+登山
⇒神木本町⇒柿生⇒鶴川⇒渕野辺⇒新小倉橋⇒関⇒御屋敷⇒奥野林道⇒大平分岐⇒姫次⇒蛭が岳  往復 内、自転車・・・108km 歩き・・・14km
山中湖、(自転車を背負って-4) 車⇒ 山中湖⇒自転車+徒歩⇒長池山⇒飯盛山⇒大平山⇒大窪山⇒平尾山⇒平野⇒山中湖サイクリングロード⇒車⇒道志道
丹沢山
(自転車+登山)
(自転車を背負って-5)
自転車⇒246厚木⇒飯山温泉⇒宮が瀬⇒早戸川林道(付替道)⇒旧丹沢観光センター⇒歩き⇒本間の頭⇒丹沢山⇒堂平⇒自転車⇒宮が瀬湖⇒半原⇒横溝⇒淵野辺⇒鶴川⇒柿生⇒清水台⇒
大菩薩峠
(自転車を背負って-6)
二子玉⇒多摩川⇒小菅⇒大菩薩峠登山口⇒大菩薩峠⇒201号⇒笛吹川自転車道⇒石和
御坂峠、三つ峠
(自転車を背負って-7)
石和⇒みさか道⇒旧御坂峠トンネル⇒三ツ峠⇒屏風岩⇒三ツ峠駅⇒139号⇒大月⇒20号⇒上の原⇒八王子⇒浅川⇒関戸橋⇒二子玉
青木が原樹海-2 輪行⇒立川⇒大月⇒富士急河口湖⇒精進湖⇒パノラマ台⇒青木が原樹海⇒精進湖トンネル⇒右左口トンネル⇒石和
雁坂峠
(自転車を背負って-8)
石和⇒牧丘⇒三富⇒雁坂峠⇒出合いの丘⇒西武秩父駅⇒輪行⇒東飯能⇒拝島⇒立川⇒帰る
夏沢峠
(自転車を背負って-9)
輪行⇒富士見⇒槻木大橋⇒夏沢鉱泉⇒夏沢峠⇒本沢⇒海尻⇒野辺山キャンプ
小仏峠
自転車を背負って-10
多摩川⇒関戸⇒新大栗橋⇒大栗川⇒鑓水⇒橋本⇒津久井湖⇒三井⇒赤馬⇒千木良⇒20号⇒底沢橋⇒小仏登山道⇒小仏峠⇒高尾⇒八王子⇒浅川⇒多摩川⇒
海から富士山 田子の浦、港公園⇒自転車⇒伝法⇒入山瀬⇒源道寺⇒登山口⇒山宮⇒二合目分岐⇒新五合目⇒登山⇒富士山 往復
104km うち 自転車94km 歩き10km
八ヶ岳縦走
徒歩+自転車
登山歴史館⇒.....
⇒竜源橋⇒自転車⇒白臼台別荘地⇒槻木大橋⇒富士見高原保養地⇒
登山歴史館・・・・歩き 6km 、・・・・自転車36km
雪見岳から竜ヶ岳縦走 毛無山登山口臨時駐車場⇒雪見岳⇒毛無山⇒雨ケ岳⇒
竜ケ岳⇒139号線⇒自転車⇒毛無山登山口臨時駐車場 歩き18km 自転車11.18km 計29.1km
山中湖大回り 篭坂峠に自転車デポ、山中湖北駐車場⇒山中湖畔サロン横⇒飯盛山⇒大平山⇒平尾山⇒石割山⇒大天狗⇒日向峰⇒石割山分岐⇒山伏峠⇒山伏峠分岐⇒富士岬平⇒高指山⇒切通峠⇒明神山頂⇒三国峠⇒三国山頂⇒大洞山頂⇒アザミ平⇒篭坂峠⇒自転車⇒馬車道⇒山中湖
四国遍路 自転車で四国お遍路八十八か所めぐりをやってきました。
テント宿泊、ビジネスホテル、民宿の組み合わせで、一発で、通し打ちをします。
ケーブルカー、ロープウェーは使いません。
甲斐駒ケ岳 尾白渓谷駐車場から甲斐駒ケ岳を経て北沢峠まで
仙丈ケ岳、〜杖突峠〜 北沢峠から仙丈ケ岳、柏木から自転車(72.6km)〜杖突峠〜尾白
霧島高千穂の峰 霧島高千穂の峰
芦ノ湖西尾根 車⇒仙石原自転車デポ⇒道の駅「箱根峠」⇒歩き⇒海ノ平⇒山伏峠⇒湖尻峠⇒芦ノ湖展望公園⇒長尾峠⇒丸岳⇒乙女峠⇒金時山⇒矢倉沢峠⇒仙石原⇒自転車⇒道の駅「箱根峠」⇒車
えびの韓国岳など えびの韓国岳など
白髪岳、自転車+歩き 白髪岳、自転車+歩き
市房山 市房山登山口まで自転車で行って、そこから歩いて上ります。
夷守岳、獅子戸岳、韓国岳
周回、生駒高原へ戻る
えびの高原に自転車をデポ、車で生駒高原近くまで来て、夷守岳へ登山開始、獅子戸岳、韓国岳を経てえびの高原へ。そこから自転車で車のあるところまで下りてきます。
椎葉越えから椎矢峠まで歩く 山五家荘の樅木と上椎葉の間にある椎葉越えから、椎葉と矢部の間にある椎矢峠まで尾根筋を歩くつもりです。
不土野峠から椎葉越えまで歩く 不土野峠から椎葉越えまで歩く
皆越峠から槻木峠まで 皆越峠から槻木峠まで
槻木峠から横谷峠 槻木峠から横谷峠まで歩く






トップページへ